予防接種とは

予防接種のイメージ写真

赤ちゃんは、この世に生を受ける際に母体から様々な免疫を引き継いで生まれてきますが、その効力は日が経つと共に減弱していき、やがて様々な感染症に感染しやすくなります。
なかには乳幼児が感染してしまうと命に関わるような病気も少なくありません。そのような状況に陥らないために行うのが予防接種です。

なお予防接種とはワクチン接種のことで、ワクチンとは感染症の原因とされる各種の細菌やウイルスの病原性を弱める、あるいは無毒化するなどして作られたものです。
これを体内に注入することで、特定の感染症に対して免疫力がつくようになり、その病気にかかる、もし感染したとしても重症化を防ぐようになります。
このように予防接種は、感染症に発症するリスクを最小限にするために行われますが、そのほかにも周囲への感染を防ぐ(集団感染をさせない)、感染症の流行を防ぐといった目的もあります。

「定期接種」と「任意接種」

小児が受ける予防接種は「定期接種」と「任意接種」に分けられます。
定期接種は予防接種法という法律に基づいて各自治体が実施するものです。
なお定期接種に指定されているワクチンの病気は感染力が強いものばかりで、集団での感染リスクがある病気の予防を目的としています。
国が推奨している期間に接種すれば公費負担(無料)となります。

一方任意接種につきましては、発症しても生命に危険が及ぶリスクが少ないとされ、その費用は全額自己負担となります。
ただ我が国では任意とされているものでも外国では定期接種に指定されているワクチンも少なくありません。
そのため定期接種同様に受けられることをお勧めします。
なお、定期接種でも推奨指定期間を過ぎてから受ける場合は、任意接種扱いとなります。
小児が受ける定期接種と任意接種は以下の通りです。

小児の定期予防接種の種類と回数および推奨年齢

※推奨年齢を過ぎてからの接種は任意接種となります。

ヒブワクチン【不活化ワクチン※1 生後2~4ヵ月の間に3回、12~17ヵ月までに1回の計4回の接種を推奨
小児用肺炎球菌ワクチン【不活化ワクチン】 生後2~4ヵ月の間に3回、12~15ヵ月までに1回の計4回接種を推奨
B型肝炎ワクチン【不活化ワクチン】 生後2~3ヵ月の間に2回、7~8ヵ月までに1回の計3回接種を推奨
4種混合ワクチン(DPT-IPV:ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)【不活化ワクチン】 生後3ヵ月~2歳の誕生日前までに計4回の接種を推奨
3種混合ワクチン【不活化ワクチン】 DPT:ジフテリア・百日せき・破傷風
ポリオ【不活化ワクチン】 生後3ヵ月~2歳の誕生日前までに計4回の接種を推奨
2種混合ワクチン(DT:ジフテリア・破傷風)【不活化ワクチン】 11~13歳未満の間に1回接種
麻しん(はしか)・風しん混合ワクチン(MR)【生ワクチン※2 1歳~2歳の誕生日前に1回、5歳~7歳の誕生日前までに1回の接種を推奨
水痘(水ぼうそう)ワクチン【生ワクチン】 生後12~15ヵ月で1回、その後6~12ヵ月開けて1回の計2回を推奨
日本脳炎ワクチン【不活化ワクチン】 3歳の間に2回、4歳の間に1回、9~12歳の間に1回の計4回を推奨
BCGワクチン【生ワクチン】 5~8か月未満の間に1回の接種を推奨
子宮頸がんワクチン(HPV)【不活化ワクチン】 中学1年生の女子が対象で計3回の接種を推奨
※2013 年 6 月から積極的接種推奨は中止
  • ※1
    細菌やウイルスを死滅させて毒性や増殖性を無くし、免疫をつけるのに必要な成分だけを取り出したワクチン。十分な免疫をつけるには、数回の追加接種が必要(※接種回数は、ワクチンの種類によって異なる)。また、次に違う種類のワクチンを接種する際は、1週(中6日)以上の間隔を空けなくてはならない。
  • ※2
    生きた病原体(細菌やウイルス)の病原性を弱めたものを接種して感染させ、免疫(抵抗力)をつけるワクチン。接種回数は不活化ワクチンと比べ少なくて済む。次に違う種類のワクチンを接種する場合は、4週(中27日)以上の間隔を空ける必要がある。

小児が受ける任意接種の種類と回数(費用は全額自己負担)

ロタウイルスワクチン(1価もしくは5価)【生ワクチン】 1価は計2回、5価は計3回の接種:生後6週から接種可能で2(3)回目は1(2)回目の接種から4週間以上開ける。1価は生後24週目まで、5価は生後32週目までに完了する
A型肝炎ワクチン【不活化ワクチン】 計3回:1歳から接種可能、1回目から2回目は2~4週間の間隔で接種し、その約半年後に3回目を接種する
おたふくかぜワクチン【生ワクチン】 計2回:1歳過ぎたら早期に接種、2回目は5歳以上7歳未満の間に接種する
インフルエンザワクチン【不活化ワクチン】 13歳未満は計2回:生後6ヵ月以降の全年齢が対象で、毎年流行前の10~11月に接種する。1回目と2回目の間隔は2~4週間ほど空ける

小児の予防接種(定期接種、任意接種)の詳細は、日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール等をご覧ください。