小児科

発熱、咳、鼻汁、鼻づまり、耳の痛み、喉の痛み、などの症状があれば、まず一度受診して下さい。
そのような症状が長引いている場合は、検査に基づいた適切な治療を受けることで、早く症状が消えて楽になることがあります。

アレルギー科

気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーについて専門的に診察、治療を行っています。

小児皮膚科

主に新生児から中学生までのお子さんを対象として、皮膚に生じた様々な疾患の治療やケアを専門的に行っております。

乳幼児健診

乳幼児健診は、早期に病気や発育・発達の妨げとなる要因を発見することが目的となりますが、乳児の栄養状態の確認や育児相談といったことにも応じています。

予防接種

赤ちゃんは、この世に生を受ける際に母体から様々な免疫を引き継いで生まれてきますが、その効力は日が経つと共に減弱していき、やがて様々な感染症に感染しやすくなります。
なかには乳幼児が感染してしまうと命に関わるような病気も少なくありません。そのような状況に陥らないために行うのが予防接種です。

舌下免疫療法

舌下免疫療法とは、文字通り、舌の下に治療薬を投与して服用し、免疫をつけていく治療のことをいいます。
現在、免疫療法の研究は盛んに行われており、現在臨床的に子どもにも適応できる治療として、スギ花粉症とダニアレルギーの患者に治療が行われています。