舌下免疫療法

舌下免疫療法のイメージイラスト

くしゃみ、鼻水、鼻つまり、目のかゆみなどの症状が年中続く場合には一度相談を下さい。
特に受験生や、毎年春に大きなイベントがある方には、スギ花粉症に対して抗アレルギー薬ではなく、舌下免疫療法をおすすめしています。
スギ花粉症に対しても準備をするためには、少なくとも冬から始めなければなりません。

ダニの舌下免疫療法はいつでも始められますので御相談下さい。
気管支喘息の重症な症状がある方は、喘息についてコントロールしてから始めます。
気管支喘息とアレルギー性鼻炎を合併している方は多いため、喘息の治療をするだけではなく、アレルギー性鼻炎の治療も併用することで、安定した生活が送れるようになるでしょう。
そのお手伝いを、専門的治療で行えればと思っています。

子どもの舌下免疫療法について

花粉症の治療の一つとして近年、注目されている舌下免疫療法。
大人だけでなく子どもにも有用だという舌下免疫療法について、桜こどもクリニック市川の木村岳人院長に話を聞いた。

5歳から治療が可能

舌下免疫療法とは、文字通り、舌の下に治療薬を投与して服用し、免疫をつけていく治療のことをいいます。
現在、免疫療法の研究は盛んに行われており、現在臨床的に子どもにも適応できる治療として、スギ花粉症とダニアレルギーの患者に治療が行われています。

花粉症などのアレルギーは、アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)が体内に入ることで症状が現れます。
この治療では、そのアレルゲンを少しずつ投与し、免疫をつくっていく治療になります。

免疫療法と聞くと驚かれるかもしれませんが、近年は研究が進んでおり小児でも安全にできています。
経口免疫療法や皮下に注射をする免疫療法など様々な方法が研究されています。
最近では舌下免疫療法が広く行われるようになりました。
痛みがないことと、アナフィラキシーショックを起こすリスクが注射よりも少ないというメリットもあります。

そのため子どもでも治療を受けやすく、5歳から治療が可能です。

スギ花粉症の治療開始は11月までに

舌下免疫療法では、初回はクリニックで投与を行います。一定時間院内で経過観察を行います。
タブレット状の薬を舌の下に入れ、1分間飲み込まずに保持します。
薬は自然に溶けてきますので、時間がきたら飲み込みます。薬には苦味など特別な味はありません。

注意点としては、薬を飲む前後2分間は水を飲まないことと、前後2時間は激しい運動や入浴、飲酒は避けることがあります。

ダニアレルギーの治療はいつでも開始できますが、スギ花粉症は症状が出ているときに治療をスタートできません。
遅くても11・12月ころまでに始めることをおすすめします。

また、スギ花粉症とダニアレルギーの薬は別ですので、両方のアレルギーがあって治療を受ける場合は2錠服用することになります。

3~5年毎日継続が必要

この治療はすぐに効果が現れるものでありません。免疫ができるまで1~2年かかるため、3~5年は毎日服用を続けます。
その間、月に1回は通院して様子を確認することも必要です。

副作用の可能性は喉のイガイガ感はほぼ全例で出ると思います。その他口内炎やごくまれにアナフィラキシーがあります。
最初の数カ月は副作用が出やすいため、まめに来院していただきます。通院して担当医に相談するなどしながら、治療を継続しましょう。

生活の質を高めるために

小児科・アレルギー科専門医として多くの子どもをみてきましたが、たとえば喘息のある子はダニアレルギーを持っている方もいるため、同時に治療することが症状改善につながります。
ぬいぐるみやカーペットなどの埃は大敵ですが、完全に遠ざけて生活はできません。
症状が重くなると、睡眠や勉強に支障が出ることもあります。

そういうケースでも、舌下免疫治療であれば取り組みやすく、時間はかかりますが効果も期待でき、生活の質を高めることにもつながります。
アレルギーで悩んでいる場合は一度当院に御相談下さい。