小児皮膚科とは

小児皮膚科のイメージ写真

主に新生児から中学生までのお子さんを対象として、皮膚に生じた様々な疾患の治療やケアを専門的に行っております。

子どもの皮膚はスベスベして潤いがあって、何も手入れをする必要がないのではないかと思う方もいるかもしれませんが、成人と比べて、いわゆる皮膚のバリア機能が整っておらず、角層は薄く、皮脂や水分の量も少ないことから、実はとても繊細なのです。
そのため大人以上にスキンケアは大切なので、ご家族の方には、そのケア方法につきましても丁寧にご説明します。

小児皮膚科でよく見られる皮膚疾患

  • 乳児湿疹
  • おむつかぶれ
  • アトピー性皮膚炎
  • じんましん
  • 汗疹
  • とびひ
  • 水いぼ
  • 頭シラミ
  • 手足口病
  • リンゴ病など

乳児湿疹

乳児は、生後2週間後頃から皮脂の分泌が活発となり、顔から首に広がってくることがあります。
新生児ざ瘡とも言われるニキビ様の湿疹ですが、胎内のホルモン環境が影響しているともいわれています。
その後湿疹が良くならずに広がってくる場合、乳児湿疹という総称で言われることもありますが、ほお、額、耳の周辺などに赤いブツブツが広がってくることがあります。
多くが乳児脂漏性湿疹といわれるものですが、皮膚の状態に合わせて治療の適応について検討していきます。

また、中にはよだれや刺激による接触性皮膚炎という状況もあります。
食物アレルギーが背景にある場合もあります。
生まれてからの免疫状態を考えながら皮膚の状態を観察し、治療を検討します。

おむつかぶれ

尿や便に含まれているアンモニアや酵素などによる刺激、おしりを拭く際に生じるとされる摩擦行為などの外的な刺激も加わることで、おむつが当たる部位に赤いブツブツやただれが起きる症状のことです。
おむつ内は湿気がこもりやすく、お尻は蒸れる状態になります。

赤ちゃんの肌はデリケートなため、繰り返し刺激を受けることで皮膚が傷付きやすい状態であれば、更に悪くなることがあります。
細菌や真菌感染の可能性もあります。

このような症状が現れたら、洗面器にぬるま湯を入れておしりをよく洗います。
清潔な状態にしてから亜鉛華軟膏やワセリンを塗り、皮膚の保護が第一ですが、感染症が考えられる場合には治療の適応となります。

あせも(汗疹)

汗腺の出入り口にホコリやアカなどが詰まってしまうことで炎症が起きている状態が汗疹です。
とくに汗が溜まりやすいとされる部分で発症しやすく、腋の下、首すじ、肘の内側、膝の裏、おでこ、髪の生え際などです。
炎症が起きることで、炎症前からあった発疹は赤くなっていき、かゆみが伴うようになります。
そしてかゆみに耐え切れず、患部を掻き壊してしまうと、場合によってはとびひを発症することもあるので要注意です。

治療については、まず常に清潔にしておくことが大切なので、汗を掻いたらシャワーなどで洗い流すようにします。
あせもがなかなか治らない、炎症やかゆみの症状が強いという場合は受診してください。

とびひ(伝染性膿痂疹)

細菌感染によって発症する皮膚疾患です。
主に湿疹や虫刺されの患部などを掻き壊した部位から手などを介して、水ぶくれの症状が瞬く間に全身へと広がっていくのですが、その様子がまるで火の粉が飛び火する様に似ていることから、一般的に「とびひ」と呼ばれるようになりました。
発熱がある、顔や体が赤く腫れているなどの症状があれば、とびひよりも重症のブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群を発症している可能性もあるので、必ず受診してください。

治療につきましては、抗菌薬の服用と亜鉛華軟膏などを使用します。
またシャワーなどで患部を清潔にし、かさぶたができるまでは感染を拡散させないようにタオルの使い回しは避けてください。

水いぼ(伝染性軟属腫)

幼児から小学校低学年にかけて発症しやすい皮膚感染症で、アトピー性皮膚炎を発症している小児やアトピーでない子どもでも夏場のプールで浮き輪やタオル等を共有することで感染することがあります。
水いぼ自体は、水っぽくて光沢のある見た目で、その大きさは直径2~10mmほどです。
肘やおなか、わきなどによく発症します。
患部を触ったものを介するなどして感染すると、水いぼの数は増えます。
なお痛みやかゆみなどの症状が現れることはありません。
治療については、まずは水いぼ部分だけでなく全身の皮膚の状態を診させて頂き、生活環境についてもお伺いします。その中で一緒に考えていきましょう。
ピンセットでつまんで取る治療もありますが、それだけではなく、生活習慣や毎日の皮膚のケアも大事になります。
また、漢方薬を選択することもありますので、御相談ください。