乳幼児健康診査とは

乳幼児健康診査のイメージ写真

乳幼児健康診査(乳幼児健診)は、文字通り乳幼児を対象にした健康診査になりますが、同健診は「母子保健法」の規定によって各自治体(市区町村)が公費で行います。
なお受診の際は、母子健康手帳もご持参ください。

受診時期に関しましては、1歳6ヵ月と3歳の幼児は健診が行政から義務付けられています(無料)。
その他の時期については原則任意となりますが、例えば市川市では3~6ヵ月児健康診査、9~11ヵ月児健診も実施しています(無料)。
市川市の乳幼児健康診査はこちら

同健診の主な内容について

乳幼児健診は、早期に病気や発育・発達の妨げとなる要因を発見することが目的となりますが、乳児の栄養状態の確認や育児相談といったことにも応じています。
つまり保護者の方が日頃から気になっている育児についての悩みなどを医師に相談するよい機会でもありますので、ぜひご活用ください。なお乳幼児健診で行う主な概要は以下の通りです。

  • 全身の診察
  • 身長、体重、頭囲、胸囲の測定による発育のチェック
  • 月齢、年齢に相当する発達のチェック
  • 栄養、生活指導、事故防止の指導
  • 予防接種の進め方の相談
  • その他の相談

田村正徳医師による乳幼児健診

新生児医療の立ち上げに尽力されてきた専門医による乳幼児健診です。
新生児蘇生法(NCPR)の全国的な普及に取り組み、周産期医療の発展に貢献された医師が担当します。
双子や三つ子などのお子さんの乳幼児健診も受け付けています。
育児相談を含めて今後の発達のことなど、何でもご相談して頂ければと思います。