お豆に注意  <スタッフブログ⑥> #市川駅からすぐの小児科アレルギー科#桜こどもクリニック市川#ナッツ類の誤飲#気道異物#誤嚥#ハイムリック法

もうすぐ節分ですね。

毎年近所の神社で豆まきが行われるのですが、今年は平日のため行けず残念な今日この頃です(笑)

ところで、『豆やナッツ類は、3歳頃までは食べさせないようにしましょう!』と消費者庁が注意を促していることご存じでしょうか?

かみ砕く力や飲み込む力が弱い3歳未満の子どもにとって、豆やナッツ類は窒息や誤嚥につながる危険があるためです。

こうした事故を防ぐため、主に以下のことに注意するよう呼びかけています。

○豆やナッツ類は、3歳頃までは食べさせない。

○少し大きい子どもでも、食べることに集中させ、ゆっくりとかみ砕いて食べさせる。

○節分の豆まき後は、子どもが豆を拾って口に入れないように、豆の後片付けを徹底する。(小分けされた豆を使っての豆まきも、誤嚥防止の1つになるそうです。)

また、万が一喉に詰まってしまった時、ハイムリック法という異物除去の方法もあります。

詳しくは当院受診時に医師から説明いたしますので、参考にされてみてください。
小さなお子さんがいる家庭では十分気をつけながら、豆まきを楽しんでくださいね。

(担当村越)

  • 2020.02.01
  • Kimura
PAGE TOP