みかんのこと  <スタッフブログ⑤>   #桜こどもクリニック市川#市川駅からすぐの小児科アレルギー科#ビタミン#美容健康#ペクチン#食物繊維#ボディマッサージ

こたつでみかん。テレビを観ながらみかん。お弁当にみかん。

冬になると食べたくなりますよね。

《みかんの栄養素》ビタミンC:みかんの栄養素といえば、なんといってもビタミンC。その含有量はみかん2個で大人の1日分が補充できてしまいます。ビタミンCを多く含む果物は他にも色々ありますが、とても壊れやすい栄養素なので果物の皮をむいてから空気に触れるだけでもどんどん壊れてしまうのです。その点みかんは皮や袋でビタミンCを守っている上に、皮をむいたらすぐに食べることができるため、効率よくビタミンCを摂取することができます。美肌や健康維持に欠かせない栄養素なので、積極的に摂取したいですね。

ペクチン:ペクチンは食物繊維の一種で、コレステロールの吸収を抑える働きがあります。また、腸内環境を整え便秘改善が期待できます。また、ペクチンはみかんの袋に多く含まれているので、身だけでなく袋ごと食べるとよいでしょう。

《食べるだけではないみかん》

お風呂にみかん:みかんに熱湯をかけてからガーゼの袋に入れて、湯船に浸して入浴するだけ。みかんの香りには幸福感を高める効果やリラックス効果があるため、おやすみ前の入浴にとてもおすすめです。また、美肌効果も期待できるそうなので、お肌の調子が気になる女性にも嬉しい入浴方法です。

みかんの皮でボディマッサージ:実はみかんの皮もまた漢方にも使われる優れもの(漢方では陳皮といいます)。みかんの皮が入った布袋で優しく体をマッサージすると冷え性や神経痛などに効果があるそうです。

手軽さやおいしさだけでなく、美容や健康維持にも大活躍のみかんは、まさに寒~い冬にうってつけのフルーツなんです。この冬は食卓に常備してみてはいかがでしょうか。

(看護師大越)

  • 2020.01.20
  • Kimura
PAGE TOP