アレルギー科

気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーについて専門的に診察、治療を行っています。

気管支喘息とは

子どものイメージ写真

健康な方の気道は、気管支の周りの筋肉も緩やかであり、気管の通り道が広く、楽に呼吸できる状態です。
喘息の方の気道は、分泌物や気道の浮腫みにより気管が狭くなり、また気管支のまわりの筋肉も収縮している状態です。そのため、「ゼイゼイ」「ヒューヒュー」といった症状が出てきます。

小児気管支喘息

「ゼイゼイ」や「ヒューヒュー」というような症状は、ウイルス感染症にかかった時にも同じような症状が出ることがあります。RSウイルス、ヒトメタニューモウイルスなどのウイルス感染が原因となります。細気管支炎の状態といって、気管支喘息の病態と同じように、気管支が分泌物などで狭くなってしまう状態です。
同じように苦しくて、症状が強く長引いている方は入院する方もいますので、小さいお子さんは特に早めの治療開始が必要となります。

1ヶ月未満の赤ちゃんは、症状が出たら速やかに受診して下さい。発熱がない場合の「ゼイゼイ」や「ヒューヒュー」といった症状は、原因が気道の問題だけではないこともあります。
顔色が悪い、ミルクの飲みが悪い、何となく元気がない、というような症状が出た際には速やかに受診して下さい。

蕁麻疹

皮膚のトラブル、湿疹といっても、皮膚だけの症状ではありません。
そのお子さんの全身を診る必要があります。
皮膚の状態を良くしても、例えば食物アレルギーが背景にある方であれば、その原因食物が何かあるのかを突き詰めなければなりません。
その食物を摂取することで皮膚の状態が悪くなっているのであれば、軟膏治療だけでは良くならないことが多いです。

アトピー性皮膚炎

湿疹が治った後に悪くなってということを繰り返している方は、今までどのような軟膏治療を受けられていたかが問題となります。
軟膏の使い方について指導を受けたことはありますか?
軟膏の種類、軟膏の力の強さ、軟膏を塗るタイミング、軟膏を使用する回数、内服薬の選択、爪の管理、汗の管理、紫外線の管理、その他の原因がないかどうか探る必要があります。
時には食事内容について、漢方薬についてもご提案しながら、貴方に合う治療法の選択をして参ります。
皮膚だけでなく、全身をとらえて治療を進めることが必要になります。
特にお子さんの皮膚症状については、御家族の協力が必要不可欠となります。
父母だけではありません!
時には祖父母の協力が必要となります。どうぞ御家族皆さんで治療に取り組んで頂ければと思います。

食物アレルギー

食物アレルギーの症状は多彩で、多くは赤ちゃんの時に蕁麻疹が出ることが多いです。
その他、発疹だけでなく、下痢や嘔吐という症状、咳やゼイゼイといった症状のことがあります。
特に小児期に多い食物アレルギーは、卵や牛乳、小麦アレルギーです。
食物アレルギーについて診断を進めて参ります。また、普段の食事についても、経過や検査値を総合して、一緒に考えていきませんか。

また、学童期に多くなっている花粉症は、実は交差反応といって果物にアレルギーが出る方もいます。
果物アレルギー症候群(PFAS:花粉-食物アレルギー症候群)です。
それらについても、きちんと診断しながら治療管理を行って行きます。

舌下免疫療法

くしゃみ、鼻水、鼻つまり、目のかゆみなどの症状が年中続く場合には一度相談を下さい。
特に受験生や、毎年春に大きなイベントがある方には、スギ花粉症に対して抗アレルギー薬ではなく、舌下免疫療法をおすすめしています。
スギ花粉症に対しても準備をするためには、少なくとも冬から始めなければなりません。
ダニの舌下免疫療法はいつでも始められますので御相談下さい。